通販のレベレッテは本当に安全に使える?

女性のイメージ私が低用量ピルの中でも特にオススメしているのはレベレッテという商品ですが、このレベレッテというのは日本で承認されていない低用量ピルなので、病院へ行っても処方してもらうことはできません。

なので、レベレッテを試してみたいといった場合には、海外から取り寄せるしかありません。取り寄せるのは難しそうに感じますが、個人輸入を引き受けてくれる代行業者がありますので、そちらを介して注文すればいつも利用するような通販サイトと同じようにしてレベレッテを買えちゃいます。

 

でも、日本で承認されていない低用量ピルって本当に安全に使えるのかな?と多くの女性は感じますよね。そこで、ここではレベレッテの安全性についてお話ししたいと思います。

 

レベレッテの基本的な作用について

レベレッテはマイクロジノンという低用量ピルのジェネリックになります。

ピルの種類としては1相性ピルに分類され、第2世代の黄体ホルモンのレボノルゲストレルと卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールが使用されています。

 

1相性ピルといのは錠剤のホルモン含有量が全て同じなので、服用している間はホルモンバランスが常に一定の状態とになります。また、錠剤の中身は1シート全部同じなので、飲む順番を間違える心配もありません。

有効成分であるレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールを服用すると、体内では排卵時に必要なホルモンの分泌量が減少し、排卵が起こらなくなります。さらに、子宮内の粘膜の粘土が増すので精子が子宮へ侵入するのを防ぎます。他にも子宮内膜が薄くなるので受精卵ができても着床しにくい状態にする作用があります。

そのため、レベレッテを服用することで望まない妊娠が防げるというわけです。

また、レベレッテは他の効能も期待できるので、避妊目的で使われるケースが多いです。

例えば、ホルモンバランスが一定になることで生理不順の解消や生理前のイライラや倦怠感の軽減、男性ホルモン抑制作用によるニキビや多毛症の改善、排卵抑制による女性特有の病気発症リスクの低下…などの嬉しい効果が期待できます。

 

そもそもレベレッテってどんな低用量ピルなの?

女性のイメージ日本国内で有名な低用量ピルといえばトリキュラーやマーベロンです。

これから低用量ピルを始めようと考えている女性にすれば、知名度が高いピルの方が安心です。

レベレッテは日本で流通していない低用量ピルになりますので、当然存在を知らない方がほとんどです。

日本で販売されていないということは何か危険な要素があるのかも…?と思ってしまいがちですが、レベレッテは海外ではよく使われている低用量ピルなので、不安に感じる必要はありません。

レベレッテはLeon Farma Laboratorios S.A.という製薬会社で作られており、これまで多くの女性の健康を支えてきました。日本では低用量ピルそのものがまだ定着していませんが、海外では多くの女性が活用していてレベレッテは低容量ピルの中でも人気があります。

馴染みがない低用量ピルでも、基本的に使い方や服用時の注意事項などは他の低用量ピルと変わりません。

また、レベレッテはレボノルゲストレル0.15mg、エチニルエストラジオール0.03mgとホルモンの含有量が少ない低用量ピルなので、ピル初心者の女性でも安心して服用していただけます。

ちなみに、同じ有効成分が使用されている低用量ピルには、トリキュラーやオブラル-Lがあります。オブラル-Lに至っては有効成分の含有量も同じなので、どちらを使ってもほぼ同じ効果が得られます。

どの低用量ピルも通販で購入できますので、好みや予算に合わせて選ぶことが出来ます。

 

安全にレベレッテを使うためには

レベレッテは体への影響が少ないので安全性が高い低用量ピルです。

しかし、安全に使えるかどうかはあなた次第となります…。

というのも、どれだけ安全性が高い医薬品でも正しく使わなければ意味がありません。

 

そこで安全にレベレッテを使うためのポイントを2つご紹介します。

正しく服用すること

まずは基本中の基本。レベレッテを服用する場合は、必ず用法用量を確認して正しく服用してください。

服用方法については「通販のレベレッテはどうやって飲むの?」でも詳しく紹介していますが、基本的には整理開始日から毎日同じ時間に1錠ずつ服用するだけです。

21日間分飲み終わったら7日間お休みして、そのあとはまた新しいシートから服用を開始します。

用法用量を守っていただけば特に問題もなく、安全に服用できます。

偽造医薬品は買わないこと

よくインターネットで医薬品を買うのは危険と言われますが、それは偽造医薬品(ニセモノ)が多く出回っているからです。レベレッテの偽物情報はまだ聞いたことがありませんが、可能性がゼロではありません。当然、偽物を飲んでいてもレベレッテのような効果は得られませんし、それどころか健康に悪影響が出る恐れがあります。

なので、少しでも怪しいを感じる通販サイトには手を出さないようにしてください。

 

レベレッテを飲んだ時の体への影響は?

初めて低用量ピルを使う女性は色々と不安に感じます。わたしも初めてレベレッテを使うときは色々と不安に感じたものです…。

中でもレベレッテを服用するときに気になったのが「副作用」のことでした。

 

レベレッテは体に優しい低用量ピルと言われているものの、副作用は全くないのか?ピルを飲み続けるのは体に悪いんじゃないか?などと考えて、ものすごく情報収集しました。

レベレッテの副作用について

女性のイメージ低用量ピルというのは、女性ホルモンを補うことによって避妊効果、生理痛の軽減、生理不順の解消、肌荒れ改善などの効果があります。

ただし、ホルモンを補うことで体内のホルモン環境が変化しますので副作用が現れる恐れがあります。

主な副作用は、吐き気、頭痛、乳房のハリ、少量の不正出血などが挙げられますが、これらの症状はホルモン環境に体が慣れていくと軽減していきます。

症状には個人差があるものの、大体1〜2ヶ月程度で症状を感じなくなります。

ただ、副作用の症状が辛い、しばらく服用していても症状が治まらないといった場合には体に合っていない可能性があるので、ほかのピルに変えてみると良いでしょう。

 

また、ピルを飲むと体重が増えるという噂も良く聞きます。

実際にはピルによって太ることはありませんが、ホルモンの影響で食欲が増加したり、むくんで太ってみえてしまうことがあるようです。なので、体重増加が心配な方はピルの服用とともに食生活も見直しましょう。

長期間の服用について

一般的に薬はなるべく飲み続けない方が良いと考えられていますので、レベレッテを使うにしてもしばらくしたら中止した方が良い?そう考える方も少なくありません。

しかし、低容量ピルに関しては長期間飲み続けても健康に悪影響を与えることはありませんし、むしろ低容量ピルは長期間服用を続ける方が良いとされています。

というのも、低容量ピルを服用すると、長期間排卵が抑制されるので卵巣へのダメージが少なくなります。そうすると将来的に妊娠しやすい体になる、女性特有の病気を予防できる効果があります。

また、服用中は妊娠することはありませんが、服用を中止すれば妊娠できる状態になります。服用中止から3〜4ヶ月程度で正常に排卵が始まり生理が始まり、すぐに妊娠したとしてもお腹の子供には影響ありませんので安心してください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました